img_02

厳選、人気の矯正歯科

「その金属、色が少し変わる」とお友達から言われたことがあります。
公の病院ですので、保険のきく最高級の金パラという金属を使っていますし、支台という歯の根にたてる柱まで、このサビの出ない金パラでサービスしているのに、気分が悪くなりました。口の中の酸性度が強すぎる場合以外は、金パラの色は変色しません。

金パラの成分は希な金属も含有していますので、南アフリカなどから輸入しているものも含まれています。

どこにでもあるというものではないのです。

しかし、材料製造会社などへの抜き打ち検査などは行われていません。ミロとかセルミンという金属などは柔らか過ぎて微小の目に見えないような穴がブツブツ開いたり、黒いサビがでます。


電子線マイクロアナライザーによる実際の分析では、その金属の成分の割合に応じた量のグラフがわかりやすく画面上に現われます。それではっきりわかるわけです。
その金属があなたの歯に被せであったという事実が必要です。

歯科一軒あたり、5グラムの金を、Kさんは、紙袋に入れて歩いて配ったそうです。


戦時中は、紙が無く、土地の呼び名でコモという木を刻んでリキュールで溶かして紙を作ったそうです。私がお世話になった90歳の先生のご令嬢のKさんの話によりますと、戦時中は、歯研究熱心ですね。

また、大正末期には金歯を入れるのがはやっていたそうです。金歯を入れるのは、当時の最新のナウな流行だったのです。

芸者さんが、一本5円で希望されたそうです。

今でこそ、自然な感じがいいと考えられるようになり、前歯に金を入れることは、目立っておかしいので、誰も希望しませんが、金の長所は人の生きた細胞に害があまり無いということでしょう。
お酒の中に金粉を浮かべて飲んでも害が無いように、金とヒトの歯肉の細胞を一緒に培養すると、歯肉の細胞は金のそばに寄り添って元気に生きています。

の情報を公開しています。

すなわち、金とヒトの歯肉は仲がいいのです。金が当時のハイカラなテクニックであったように、Kさんは、歯医者さんであったお兄さんから、すべての歯に色々な種類の歯を入れてもらったそうです。
それで、口の中が当時の最新のテクニックの実験のオンパレードになったと言っておられました。

ドクターは最新のテクニックを試してみたいという衝動にかられることがあります。